初めての塗装

外壁塗装・屋根塗装が初めての方へ

そもそも外壁塗装って何??

外壁塗装の役割は大きく分けると、「きれいに見せること」、「家の柱や梁といった構造体を外的環境から守ること」の2つに分かれます。きれいに見せることとしては、お家を建てられてから10年以上経過した外壁は、知らず知らずのうちに色あせが進んできますし、細かなヒビ割れが入ったり、外壁材の隙間を埋めているコーキング部分もヒビ割れや空間ができてきたりします。このように新築のときはキレイだったお家も年月と共に少しずつ老朽化していくのです。普段、見慣れていて気が付かないだけで、当時の写真と見比べてみると劣化度合いが分かることと思います。そして、外観だけでなく、外壁材の内部においても築年数と共に老朽化は進んでいきます。その老朽化の進行を少しでも食い止めるのが外壁材の役割なのです。さらにその外壁材が雨風などの外的環境から守ってくれるのが「外壁塗装」という塗膜なのです。そのため、塗膜の劣化現象が見られたら、外壁材を長持ちさせるために、外壁塗装を行うと良いでしょう。

外壁塗装で大切な3つのこと

値段だけにだまされないように要注意!

外壁塗装がどのようなものかご理解いただけましたでしょうか?次に外壁塗装を行う上で大切なことを3つご紹介いたします。これは屋根塗装にも通ずる内容です。

見積もりの内容が「一式」ばかりになっていないか?

詳細な説明のない見積りにはご注意ください。理由としては、極端に見積項目が少なく、一式ばかりの見積は、ほとんど価格合わせを行っているため、品質に見合った適正価格の見積りにはなっておりません。このような見積りを見て「安いから」と安易に契約してしまうと大変なことになります。
このような業者には一番気をつけなければなりません。

保証がしっかりしているか?

どんなに腕の良い職人さんが一生懸命工事をしても、時には工事不良が発生することもありえます。そんな時すぐ手直ししてもらうには「工事保証書」が必要となります。しかし、口では「保証します」と言う企業は多いのですが、実際には保証の仕組みがない業者が多いです。クレームが出たときに逃げられるように「保証書」の存在を曖昧にしたがるのです。見積りだけで判断するのではなく、「保証書」の存在をチェックしてから業者を選びましょう。

安心信頼できる実績を積んでいるか?

その会社の実績は必ずといっていいほど確認させてもらいましょう。ホームページにたくさん掲載されているからといって実際にはその会社のものか判断できません。そのためにも、施工事例をショールームで見せてもらいながら、その営業マンに、「お客様の来店から工事、工事後」の話を説明してもらい、本当にお客様のことを考えて提案してくれているかを確認してみましょう。

色選びはお客様が一番悩まれるところ

業者の提案力にも注目!

外壁や屋根の塗装で「色選び」はお客様が一番悩まれるポイントの1つとなります。多くの企業は塗料メーカーの出している「色見本」や「近隣の家をまわり色を確認する」ということを行います。それでも実際の自分の家に置き換えるとどのように印象が変わるのか、想像することはかなり難しいです。 そのため、大阪ペイント工房ではカラーシミュレーターという機械を使い、お客様のお家の写真から、服の着せ替えを楽しめるように、家の外壁の色をツートンカラーにしたり、真っ白にしたりといった色決めの参考を楽しむことができます。

  • 工事場所:富田林市
  • お客様名:N様使用塗料
  • 外壁:シリコン塗装
  • 屋根:遮熱塗装
  • 工事金額:98万円
  • 工事場所:八尾市
  • お客様名:S様
  • 使用塗料 外壁:シリコン塗装
  • 屋根:断熱塗装
  • 工事金額:104万円
塗り替え事例をもっと見る
色選びのプロが教える、お家カラー選びはコチラ
  • 外壁塗装メニューはコチラから
  • 屋根塗装メニューはコチラから