工事保証書について

大阪塗り替え工房の自社独自の工事保証について

お家を長持ちさせるコツ

オーナー様 外壁塗装をしたい!管理会社に依頼しよう!

(1)工事保証書を確認する際のポイントについて、下記に記載しました。しっかりと読まれて、失敗しない塗装工事を行っていきましょう!

①塗装工事完成後の保証については業者によって
異なります。そのため、施工業者には保証内容をしっかりと確認してから契約しましょう。

②口頭での約束や不明確な保証内容は、
万が一不具合が出た際に保証されないケースもございます。塗装契約を行う前には、過去に発行した保証書を業者に見せてもらい、保証内容の欄をよく読み、分からないことはしっかり聞きましょう。

(2)保証内容は下記のものとなります。

◆塗装保証

塗装後の剥がれなどの不具合に対する保証です。
外壁塗装は、お客様のお家に使った塗料や塗装方法などにより保証が異なります。その保証年数は、メーカーが定めている耐久年数より短くなります。塗料別保証は下記のものが一般的です。

  • ・アクリル塗料プラン…保証なし
  • ・ウレタン塗料プラン…保証なし
  • ・シリコン塗料プラン…3年間保証
  • ・断熱塗料プラン…5年間の保証・フッ素塗料プラン…5年間の保証

(あくまで目安期間です。お客様のお家の状況により、保証期間は異なります。)

保証期間内では、著しい亀裂や剥離に関して保証対象となりますが、地震など当社の責任でない原因の場合は保証対象外となります。

そもそも工事保証書は、お客様に安心してもらうために発行するものですが、中にはその心理を逆手に取って、保証書を発行しないにも関わらず、さも発行するかのように見せる業者も存在します。そういった業者に当たらないよう、ここでは保証書の内容について掲載しました。

きちんと保証をしてくれる業者を選んで、失敗しない外壁塗装・屋根塗装リフォームを行っていきましょう!

  • 外壁塗装メニューはコチラから
  • 屋根塗装メニューはコチラから